MENU

姉御肌のあなたが乙女系男子と上手に付き合っていく方法

男女の雰囲気が入れ替わっちゃったような二人。
ちょっと変わっているかもしれないけれど、お互いが好きならそれで良いですよね。
しかし一つ落とし穴が。
いくら「乙女系」な彼でも、実際は男性。
ですから長く関係を保ちたいなら、いくつか注意したいポイントがあります。

 

1.「お任せ」にしてしまわない

 

家事をやらせれば完璧。
料理を作らせれば栄養価もバッチリ。
こちらが手伝おうとしても「座ってて」と言われちゃったりして。

 

でも、言われた通り「家事はお任せ!」になるのはいけません。
彼が忙しい時には率先して家事をやってあげましょう。
それから「いつもありがとう」と、感謝の気持ちも忘れずに。

 

2.「ここぞ」という時には意見を聞く

 

良く言えば「包容力がある」。
悪く言えば「優柔不断」な、乙女系男子。
プランを練ったり決断したりするのはいつも私・・・。

 

たとえこんな関係でも、それに慣れきってしまうのはNG。
やはり大きな岐路に立った時は、彼の意見を聞くべきです。
蔑ろにされてしまえば、彼も良い気分はしませんよね。

 

3.「男」としてキチンと立てる

 

怖がりで甘えん坊。
しかもヤキモチ焼き・・・。
さらに泣き虫だったりしたら完璧な乙女系。

 

そんな彼を内心バカにしていませんか?
態度がまるで女の子のようでも、彼は立派な男性。
ですから「ウザい!」や「キモい!」なんて、一刀両断にしないでください!
乙女っぽい所は軽く流して、彼の良い所を褒めてあげましょう。
「すごいね」「さすがだね」のセリフは、どんな男性でも気分良くしてくれます。

 

おわりに

 

男女の個性が逆でも、立派な恋人同士。
くれぐれも彼を家来のように扱ったりしないでください。
男性にとって、女性から下に見られる事はかなりのストレス。
それが積もり積もると、急に爆発する可能性も!
彼を大事に思うなら、「男」として扱う事を忘れないようにしましょう。